ルーター初期化 は迂闊にしてはいけないだろ
NTTのルーターのプログラムバージョンアップの訪問サポート後に 2回線ある電話がごっちゃごちゃになった・・・というお客様宅に訪問。

午後のまったりした時間に「今日行けますか? ちょっと火消作業なんですが・・・」の電話オファーでの仕事だから あまり気のりのしない業務なんだが行ってみましょう。



ルーターに電話機が2回線ぶら下がってます。
通話用の電話とFAXなのですが、どちらの番号にかけてもFAXの方が2コールあたりで出ちゃうのです。

う~んんん・・・。 初期化したのかな?! これ?
と思ったら やはりそうでした。(誰だ! こんなことするの?)
ひかりのルーターは基本的に初期化はNGですよね。
何があるかわからないし もし起動にしくじる状況になったらたまったもんじゃない。

前回 してしまったものならしょうがない。
お客様によ~く問診したのち アナログ電話のポートの使用設定をして問題解消。
2つの電話番号が別々に動いてます。
温度が高い と言われてたお客様による動作確認でもすんなりOKが出てほっとしました。

こういうファームアップだけど、ファイルはDLして持って行った方が仕事が早いんだけどね。
RT-200KIなんて、流れ通りに自己診断の機能を使って進めようすると へたすると最新に上がるのに260秒×2回でなんだかんだで その動作だけ10分以上かかるから 挨拶から何からで30分以上はかかっちゃうからね。
持ち込みPCをつないで さっさとFW.binを送信して一発で終わらせれば 速いのです。
[PR]
by csacca | 2011-07-24 00:24 | technical ed.


<< ルーターでプリンタ共有 ニュースの動画を見ようとしたら... >>